労働問題に関するご相談

働く方(労働者)と雇用主(使用者)との関係においては、どうしても労働者の方が弱い立場となり、使用者の方が交渉力が強くなりがちです。
そのため、職場において不当・違法な行為があっても、労働者がこれに対抗して十分な解決を得ることは簡単なことではなく、泣き寝入りを強いられてしまうことが多いのも現実です。

相対的に弱い立場にあることの多い労働者を保護するため、労働基準法や労働契約法などといった様々な法律や制度が設けられていますが、最終的には、労働者本人が、解決を目指して自ら動き出す必要があります。

当事務所では、不当・違法な取り扱いを受けている労働者からのご相談・ご依頼に対応しております。労働者の方が正当な対応を受けられるよう、依頼者の代理人となり、専門的な知識・経験を駆使し、権利実現のために尽力いたします。

よくあるご相談

当事務所では、労働問題に関し、以下のようなご相談を多くお受けしています。

解雇

退職勧奨・退職強要

労災事故・労災認定

賃金の不払い、サービス残業、退職金の不払い

セクハラ、パワハラ等のハラスメント

弁護士に依頼するメリット

労働に関する問題を解決するためには、最終的には、労働者本人が自ら動き出す必要があります。
もっとも、自分ひとりで使用者と交渉したり、行政機関への対応や裁判手続を行うことは、多くの方にとってとても難しいことです。また、専門的な知識や経験がなければ、効果的な対応ができない可能性もあります。

弁護士に依頼すると、弁護士が代理人として、使用者や行政機関との交渉・対応を行うことになりますの。そのため、労働者の方がみずから対応する必要はなくなりますし、弁護士の専門的な知識・経験を活かした交渉・対応を行うことできます。
また、労働審判や民事訴訟、仮処分、行政事件手続など、解決のために必要となる裁判手続も、弁護士が代理人として、適切な手続を選択肢し、確実に手続を進めることができます。

当事務所には、労働問題について豊富な知識と経験を有する弁護士が所属しております。
労働に関する問題でお悩みの方は、お気軽に当事務所までご相談ください。


 初回相談は無料です。まずはご相談ください。

初回のご相談は無料です。その後に費用等がかかる場合も、初回の無料相談時に詳しくご説明いたします。まずはお気軽にお困りごとをご相談ください。

011-261-6980
9:00 – 17:30 (土日祝休み)

ウェブサイトから申し込む