佐々木潤

弁護士 札幌弁護士会所属

現代の社会はあらゆる面において高度化・複雑化しており、これに伴い法律問題の発生頻度も増加傾向にあると言われています。

このような中で、弁護士とは、ご相談者の方々の正当な権利を擁護するため、法的知識を駆使し迅速な法律問題の解決を目指す存在であります。

そのために、弁護士は法的知識の習得はもちろんのこと、政治、経済、社会情勢を意識し日々研鑽を図る必要があり、私自身もかかる弁護士としての姿勢を実践するよう心掛けております。

私の取扱分野は主に民事全般でありますが、特に力を入れておりますのは労働問題であります。労働者の権利擁護は労働基準法等労働関係法令の趣旨からして当然のことでありますが、現代では使用者側においても労働問題の発生自体を未然に防ぐため予防法務の重要性が増しております。

また、労働問題は社会情勢の影響を如実に受ける傾向にあります。

そこで、私は、社会情勢の動向を踏まえながら、労働関係法令の遵守に基づく労働問題の解決を目指すよう心掛けております。

弁護士として法律問題について迅速な解決を図ることができ、ご相談者の方々から感謝のお言葉をいただいた時が私にとってもっともうれしい瞬間であります。

経歴等

1967年(昭和42年) 9月 北海道岩内郡岩内町生まれ
1986年(昭和61年) 3月 北海道立岩内高等学校卒業
1992年(平成 4年) 3月 日本大学法学部卒業
1994年(平成 6年) 4月 日本大学大学院法学研究科博士前期課程修了
1994年(平成 6年) 4月 北海道庁入庁(生活福祉部)
1997年(平成 9年) 3月 北海道庁退職
1999年(平成11年) 10月 司法試験合格
2000年(平成12年) 4月 司法修習生任命・司法研修所入所(54期)
2001年(平成13年) 10月 札幌弁護士会登録、三木法律事務所入所
2011年(平成23年) 1月 三木・佐々木・山田法律事務所設立
弁護士会略歴
2015年度(平成27年度) 札幌弁護士会副会長
2016年度(平成28年度) 札幌弁護士会貧困と人権に関する対策本部本部長代行
札幌弁護士会司法改革推進本部副本部長
2017年度(平成29年度) 札幌弁護士会貧困と人権に関する対策委本部本部長代行
札幌弁護士会司法改革推進本部事務局長