商標登録

商標とは

事業者が取り扱う商品やサービスに使用するマークを「商標」といいます。
商標が特許庁に登録されると、その商品やサービスについてその商標を独占的に使用できるようになります。
また、登録商標と類似する商標を同一または類似する商品やサービスに使用している者に対し、使用の差止めや損害賠償請求を行うことができるようになります。

料金

商標登録出願にかかる費用としては、弁護士の手数料(報酬)と、特許庁に支払う実費(印紙代)があります。
商標登録出願を行う際には、登録する商品・サービスを指定する必要があります。商標登録出願にかかる費用は、登録する商品・サービスの種類(区分)の数に応じて異なります。
当事務所の料金は以下のとおりです。

ご依頼時

出願手数料(弁護士の手数料)

1区分:50,000円+消費税
2区分以上:追加1区分につき30,000円+消費税

実費(印紙代)

1区分:12,000円
2区分以上:追加1区分につき8,600円

登録時

登録報酬(弁護士の手数料)

1区分:40,000円+消費税
2区分以上:追加1区分につき20,000円+消費税

実費(印紙代)

1区分:28,200円(10年の場合)
2区分以上:追加1区分につき28,200円(10年の場合)

備考

顧問契約を締結いただいている場合は、上記金額より減額させていただきます。

ネーミングの注意点

先行商標の調査

商標登録は先願主義(先に出願を行った者に権利が与えられる制度)ですので、他の事業者が出願をする前に出願をする必要があります。既に登録されている商標と同一または類似の商品について同一または類似の商標を登録することはできませんし、そのような商標を使用すれば、商標権者から使用差し止めを求められる可能性があります。
そのため、商品やサービスのネーミングにあたっては、既に登録されている商標を調査することをおすすめいたします。

登録できない商標

ありふれた商標や、商品の産地・特徴などを普通に表示する商標(地名+商品名など)は、商標登録が認められません。
そのため、商品やサービスのネーミングにあたっては、安易に地名や一般的な名詞を用いたネーミングは行わず、自社商品が競合商品と混同されないような個性ある商標を早い段階で確立しておくことをおすすめいたします。
商標登録にあまり多くの費用をかけられない段階では、商品ごとに商標登録を行うよりも、商号や屋号、店舗名などをベースとしたロゴを自社商品の商標として統一的に使用する方針とした方がよい場合もあります。

商標に関するご相談

商標登録のご依頼のみならず、先行商標の調査やネーミングに関するご相談など、商標に関連するご相談もお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。